MENU

イボと角質粒の違い

 

首やまぶたに気がつくと出来てしまうポツポツしたもの。

 

特にまぶたにできちゃうとメイクの時になんだか見た目が悪いですよね。
コンシーラーとかでも隠せないから、とっても目立っちゃう。

 

 

そもそも、イボと角質粒の違いご存じですか?
違いを知って、ポツポツケアしましょう。

 

イボのほとんどが老人性のイボ

 

老人性のイボって聞くと「ドキッ」としますよね。

 

しかし老人性イボは早い人で20歳過ぎるとできちゃうものです。

 

老人性イボができる理由は・・・

 

老人性イボの原因は紫外線の影響と言われています。

 

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られ、
真皮まで届かないようにブロックをします。

 

ターンオーバーの時に通常であれば、角質やアカ等と一緒に剥がれ落ちます。

 

しかし、年齢を重ねるとターンオーバーが上手く機能しなくなり、少しずつ
皮膚にとどまり、メラニン色素が気が付くとイボに変形してしまうのです。

 

老人性イボを防ぐには?

 

老人性イボは出来てしまうとなかなか取れにくく、歳を重ねるとどんどん増えてしまいます。

 

そのため、老人性イボを出来るだけ予防することが必要となります。

 

老人性イボは、紫外線が影響していると書きました。
予防するためにまず行いたいのが「紫外線から肌を守ること」

 

紫外線を日焼け止めなどを使用し、メラニン色素が作られない肌にすることです。
また、美白ケア商品などを使用してメラニンを退治することを行いましょう。

 

そして、お肌に悪影響を与えるタバコ、ストレス、睡眠不足はご法度です。
生活週間を少し変えるだけで、肌コンディションはよくなります。

 

そして、体内ではビタミンCを多く取り入れ、健康な肌の状態に保つのがベストです。
効率よくビタミンCを摂るには、サプリメントが効果的だといわれています。

 

 

角質粒ができる理由は?

 

角質粒も老人性イボと同じく、紫外線が原因と言われています。

 

肌の代謝が悪くなり、乾燥も関係しているのが角質粒の特徴です。
乾燥することで、本来剥がれ落ちるはずの角質がとどまってしまいできるのが角質粒です。

 

 

角質粒を予防するには

 

角質粒にはピーリングが1番の予防と改善です。

 

しかし、ただピーリングをすれば良いのではなく、乾燥を防ぎながら
ピーリングで古い角質を落とすことが必要です。

 

ピーリングなしには角質粒のケアはできません。
もちろんですが、紫外線に出来るだけ当たらない・ケアをすることも必要です。

 

 

 

◆◆効果あるピーリングジェル特別割引実施中◆◆

 

 

 

 

トップページに戻る